アーカイブ | 5月 2016

  • 生活習慣とゴルフ場の比較とは

    忙しくてあまり十分な睡眠を取れていないという人も多いのですが、質の悪い睡眠は生活習慣病にかかるリスクを高めると言われています。また、症状を悪化させることも分かっており、健康的に生活するためにはしっかりと睡眠を取ることが大切です。睡眠問題は睡眠習慣と睡眠障害の2つに分けられるのですが、睡眠習慣は睡眠不足などによる体内時計の問題、睡眠障害は睡眠時無呼吸と不眠症などに関わっています。日本人の睡眠時間は世界で比較しても短いと言われており、特に家事や育児で忙しい女性は男性よりもさらに睡眠時間が短く、平日・週末を問わず睡眠不足になっている人が多いです。慢性的な睡眠不足は日中の眠気や意欲の低下などを引き起こすことはもちろん、ホルモン分泌や自律神経機能にも影響を与えるとされています。健康な人でもたっぷりと眠った日と比較して、寝不足を二日間続けるだけで食欲を抑えるホルモン分泌が減少し、逆に食欲を高めるホルモンの分泌が増えるということです。ちょっとした寝不足が食行動にも影響を与えることが分かっており、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなることも確認されています。ちなみに、日本人の約2割は交代勤務に従事しているのですが、夜勤に入ることで体内時計と生活時間との間にずれが生じやすくなります。また、不適切な時間帯に食事を取ることにより、生活習慣病を引き起こしやすくなることもあるので注意しましょう。自宅の近くで人気のゴルフ場を探しているという場合、インターネットで検索してみると良いでしょう。「ゴルフ場 人気」などといったキーワードで検索することにより、さまざまなゴルフ場の情報を簡単に比較することができます。