アーカイブ | 8月 2016

  • 肥満やむくみがあれば生活習慣を見直そう

    肥満やむくみがあるということは普段の生活においてもよくみられる症状ですね。それは決して高齢者だから現れる症状とはいえません。若くても肥満やむくみは出ることもあります。またその原因となる病気がある訳でもありませんが、症状が出ることがあるのです。これを放置しているとどうなるのでしょうか。肥満というのは、体重増加や皮下脂肪の付着で起こるものですよね。普段から定期的な運動をして脂肪を燃焼させる、また食事に気を付けてカロリーを適切な量とるなどを心掛けていると、そこまでの肥満は回避できます。最近では肥満をメタボリックシンドロームと呼び、そこから、心疾患や脳血管疾患の生活習慣病のリスクが高くなると注意をされています。実際に注意をされるとどのようなことに気を付けるといいのでしょうか。まずは自分の適切な体重を知ることです。そして自分の生活習慣の中でも食生活を見直すことが大切です。そうするとおのずとカロリーの摂りすぎやジャンクフードの食べ過ぎなどに気が付くことが出来るでしょう。そして意識することにより、少しずつ食生活を改めることが出来るようになるのです。一方むくみはどうでしょうか。むくみは体に水分がたまった状態といえます。この原因は、水分の摂りすぎということもありますが、生活習慣の中で塩分を摂りすぎということもあります。塩分を摂りすぎると体に水分が貯留してしまうためにむくむのです。むくみがある場合には、発汗して水分を排泄できるように、運動をする、また尿などで排泄できるように塩分を控えるということが大切です。この二つのことは生活習慣を少し気を付けるだけで、随分変わってくるのでしょう。そのために、是非意識して生活習慣を変えてみましょう。