アーカイブ | 9月 2016

  • 生活習慣と予備軍と薬膳について

    生活習慣病ではないと安心していても、予備軍である可能性はあります。糖尿病予備軍は清浄よりも血液中のブドウ糖の数値が高くて、でも糖尿病診断をくだされるまででもない、微妙な状態です。日本糖尿病学会には診断基準がありますが、そこにぎりぎり入っていないので、糖尿病診断は出ないのですが、数値が少し上がれば軽くその病気に入ってしまいます。糖尿病には属してはいないものの、そのアンダーライン付近をウロウロしているのですから、予備軍であるわけです。 予備軍の人でも肥満はいますし、中性脂肪の数値も血圧も高い人は、それだけ動脈硬化も進みやすくなります。心臓病や脳卒中を引き起こしやすくもあります。こうしたことからも、生活習慣病予備軍も、安心は全くできないことになります。しかし予備軍であれば、まだ解消をしていく希望があります。病院での医薬品だけを頼りにするのではなく、根本の生活習慣改善によって予防はできます。食事と運動改善での予防率は、とても高い成功結果を出すことになります。特に30代から50代の年代は働き盛りであり、生活習慣病にもかかりやすい時期ですから、運動と食事と生活全体を見つめなおすときです。 健康的な食生活の一環として、薬膳を取り入れても楽しく健康管理ができます。特に肥満予防や改善をしたい人には、薬膳はやってみる価値があります。ダイエットはハードな食事制限を行いがちですが、食事量を少なくするのは大変なストレスとの戦いです。薬膳での取り組みであれば、食品の組み合わせや質をチェンジすることで、体内作用を変えていくことができるので、無理のないダイエットや体重維持にも役立ちます。試しに薬膳スープから、キッチンで調理をしてみるといいでしょう。