アーカイブ | 9月 2017

  • 食生活を変えるインプラント手術を受けよう

    加齢の影響や事故が原因で歯を失ってしまい、入れ歯を使っているという人は食生活に不満があるのではないでしょうか。 入れ歯を使うようになると、多くの人は物が噛みにくいことにより、固いものやお餅などが食べにくくなってしまい、今まで好きだった食べ物でも食べることをやめてしまうなどの食生活への影響が出ます。 このような食生活への影響があると、食事をするのが負担になってしまい快適な毎日が送れませんし、栄養が不足する心配もあるため、健康への影響も懸念されます。 そこで、入れ歯になったことで食べ物が噛みにくくなってしまった人は、歯医者さんでインプラント手術を受けることで食生活を入れ歯になる前の状態に変えてみてはいかがでしょうか。 インプラントは歯科で受けられる手術で、アゴの骨にチタンなどで出来た人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで本物に近い歯を取り付けるという治療法になります。 インプラントの良い所は、アゴに歯の根っことなる部分がしっかりと固定されているため、天然の歯に近い噛み心地が得られ、食事がしやすいことなど多くあります。 入れ歯を使っている人の中には、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まってしまって痛いという悩みや、何となく食べ物の味が美味しくなくなってしまったといった悩みがある場合も多いのではないでしょうか。 これらの悩みは入れ歯をインプラントに変えれば改善出来ることが多いので、入れ歯の不便さによって食生活がつまらなくなってしまったという悩みがあるなら、インプラント治療を行っている歯科で相談してみると良いでしょう。 ところで、インプラント治療を行う時には、基本的には1本の歯を取りつけるために1本の人工歯根を手術で埋め込むという方法が取られます。 しかし、インプラント治療が得意で最先端のオールオン4という治療法が出来る歯医者さんに行けば、総入れ歯の人が全ての歯をインプラントに変えたい場合にも、片側のアゴに対して最少4本の人工歯根で歯のブリッジを取りつけることが可能です。 この技術により、効率が良くて患者さんの体にあまり負担がかからない手術が受けられるため、入れ歯からインプラントに変更して食生活を変えたい人はオールオン4が出来る歯科を探してみましょう。 オールオン4は手術を受けたその日のうちに仮歯を入れられるという利点を持っており、手術後に食事が取れなくて栄養不足になるというデメリットがないのも良い点となります。 仮歯が実物の義歯に変えられるのは6カ月後になりますが、その後にはまるで天然の歯のように噛みやすくなるというメリットが得られるので、現在入れ歯を使っている人が好きな食べ物を食べて快適に暮らしたい場合は、是非歯科でインプラントやオールオン4の手術を受けることを検討してみてください。 ★食生活を変える一歩はインプラント手術から 江東区でインプラント手術をする